1950 Louis Rousselet
パールネックレス&ブレスレット&イヤリング

detail: Louis Rousselet (ルイ•ロスレー)パールネックレス&ブレスレット&イヤリング

1950年代製。
ルイ•ロスレーは、1892年パリ生まれ。
幼い頃よりガラス工房へ奉公に出され、ガラス製作の技術を磨きました。

1919年には、パリに自身の工房を開き、オーナーとなる。
1920〜30年代、歌手のジョセフィン•ベーカーをはじめ、
ムーランルージュのスターたちが彼のジュエリーの虜になったことで知られている。

また、その確かな高い技術から、
シャネル、バルマン、スキャパレリから信頼され、ジュエリー製作の注文を受けていました。
作品が世界中の美術館に貯蔵されている、ガラス作家ルネ•ラリックも彼と共作していたほど、
パリのガラス制作の世界では、実力を知られた存在でした。

フランスのみならず、世界で高い評価を受けており、
当時から彼の作品は多くの国に輸出されていました。
彼の右腕となっていた娘、Deniseが1965年にチーフデザイナーとなり、
その後1975年に工房を閉めました。


1900年初頭から、アールデコ、そして1950年代前後には
多くのジュエリーデザイナーがブランドを立ち上げましたが、
バイヤーとして私が最も作品に感動し、力を入れて作品探しをしている一人がルイ•ロスレーです。

匠な色のガラス、パーツの形状、そして天才的なパーツの配置…
どこをとっても、彼のような作品を作ったデザイナーは他にいません。

自身の工房でハンドメイドで制作したパーツだけを作品に使用しているため、
彼だけの特有の色をした美しいガラスビーズが、今もなお多くの人を魅了する理由の一つとなっています。
二つと同じ形のないビーズから、生み出される世界は幻想的でさえあるのです。
その拘りは作品の世界観を乱さぬよう、留め具に至るまで制作し、
作品ごとに留め具も変えていたことからも彼の作品への強い誇りを感じるのです。

ハンドメイドで制作された彼の作品は決して数が多いとは言えず、
またコレクターも彼の作品を手放さないため、買い付けが困難になる一方で、
私も2度同じ作品に出会ったことは一度もありません。

今回の買い付けで、彼の代表作の一つであるパールを使ったフラワージュエリーシリーズを、
ネックレス、ブレスレット、イヤリングというフルセットで買い付けすることができました。
1点ずつでも、困難を極める彼の作品をセットで見つけることが出来たのは、私にとってもはじめての経験でした。

淡いピンクとグリーのカラーコンビネーションが
、愛らしく、柔らかく、美しいロスレーらしい素晴らしい作品です。


No S25
Size
Price
370,000円(税抜)
購入数