1930 フランス製
ホワイト&ブルーブローチ

detail: フランス製ホワイト&ブルーブローチ

1930年代製。
アールデコ期のブローチ。

アールデコとは、
1925年、パリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。
自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。
こうした時代情勢に合わせて、ジュエリーもよりシンプルでモダンで、
コントラストの大きいデザイン、アールデコが生まれました。

ジュエリーバイヤーならば、一目でアールデコジュエリーだと分かるデザイン。
例外を除けば、ヴィクトリアンやエドワーディアンではなく、
とてもアールデコ的な要素をいくつも含んでいます。

時代が大きく変化したこの時期は、ジュエリーのデザインにも大きな変化があり、
ヴィクトリアンとはまた違った魅力があります。

アールデコ期のフランスジュエリーは、
私にとって大好きな、大切な時代であり、名品がとても多いのです。
買い付けの度に、必ずフランスのアールデコジュエリーを買い付けします。

こちらのブローチも、とてもシンプルですが、
洗練されたジュエリーで、アールデコジュエリーが好きな私にとっては、
嬉しい出会いでした。

1か所、ストーンを埋め直したところがありますので、ご了承下さい。
(7枚目写真)
No B207
Size 1.8×5.1cm
Price
15,000円(税抜)
購入数