1960 Marcel Boucher
リーフイヤリング

detail: Marcel Boucherリーフイヤリング

1960年代製。
ブーシュは1898年パリで生まれ、カルティエのデザイナーになる。
カルティエでの経験や技術が、
後に立ち上げる彼自身のブランドのクオリティの高さの基盤となったと言われています。

1922年、その類い稀なる才能を買われ、彼はニューヨークのカルティエに転勤となり移住。
その後カルティエを去り、1937年には自身のブランドを設立する。

1939年頃から、当時主流だったアールデコスタイルとはまた違った彼自身のデザインを確立し、
一気にブレイク。
ダイヤ等を使ったハイジュエリーを除くコスチュームジュエリーの世界では、
そのデザイン、技術共にトップと言われるようになる。


当時のフランス人デザイナーに多い、洗練と上品さを兼ね備えたデザイン。
存在感がありながらも、その個性は身につける方と共存する。
ブーシェのジュエリーには、他のデザイナーにはない強い個性があるのです。

こちらのイヤリングは、はじめて目にしました。
ハイクオリティのコスチュームジュエリーを専門に扱うジュエリーディーラーさんから、
譲って頂いたもの。

これだけたくさんのカラーストーンを使いながらも、
バランスが崩れることなく、見事にブーシェの世界観を表現しています。
匠なカラーリングの美しさはもちろんのこと、
ストーンの配置、デザイン…全てにおいてパーフェクト。
絶対に買い付けしたいと一目惚れした作品です。
数十年のキャリアを持つディーラーさんも、ブーシェの作品を高く評価しており、
こちらのイヤリングのことを、それは素敵だよね…とつぶやいていました。

たくさんのカラーストーンを使ったジュエリーは、
何か一つでも、バランスを乱すことをしてしまうと、一気に作品のクオリティが下がってしまうリスクがあります。
しかし、ブーシェのカラーストーン作品には、品と圧倒的な美しさがあります。

こちらのイヤリングも、ぜひご紹介したいと思った印象的なジュエリーです。
No E229
Size
Price
55,000円(税抜)
購入数