1930 アールデコ
ホワイトガラスネックレス

detail:アールデコ ホワイトガラスネックレス

1930年代製。
アールデコとは、1925年にパリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。

自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。

こうした時代情勢に合わせて、ジュエリーもよりシンプルでモダンで、
コントラストの大きいデザイン、アールデコが生まれました。

こちらは、アールデコ期のスタンダードなデザインのネックレスです。
スタンダードなデザインだからこそ、
留め具、ビーズとビーズを繋ぐパーツに至るまで、
ディテイルの美しいジュエリーしか買い付けしません。
こちらのネックレスは、
ジュエリーの世界観を崩さぬよう、小さなパーツに至るまで、
職人によって選ばれていることがわかります。

ホワイトのガラス単色でジュエリーをデザインしたのも、
モダンスタイルの流行したアールデコの特徴の一つです。
現代のクリスタルとは違い、ギラギラ光ることはなく、
柔らかい、優しい光り方をしています。

季節を問わず、パールやシルバーなどの、
他のジュエリーと組み合わせて、身につけて頂けるシンプルなジュエリーです。
No N164
Size 39cm
Price
25,000円(税抜)
購入数