1800後 ヴィクトリアン
ブルーガラスブレスレット

detail: ヴィクトリアンブルーガラスブレスレット

1800年代製後半。
シルバー製。
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのはこういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

こちらのブレスレットは、ハイジュエリーのコピーとして制作されたもの?と推測できます。
ヴィクトリア時代…
外出先、旅先などでは、本物のダイヤモンドや貴石のジュエリーを身につけていると、
盗難の恐れがあるため、
本物そっくりのコピーをガラスで制作し、身につけていたことがありました。

ガラス部分はダイヤモンドカットがされており、
また、作りもとても美しいことから、
コピーで制作されたものではないかと推測できるのです。
ヴィクトリアンジュエリーには、こうした想像をかき立てるストーリーがつまっています。

100年以上前のジュエリーとは思えない状態の良さ、美しさのジュエリーです。

No BR82
Size 5×5.7cm
Price
85,000円(税抜)
購入数