1950 De Mario
ブラウンフラワーネックレス

detail: De Mario ブラウンフラワーネックレス

1950年代製。
デ•マリオは、1945年にニューヨークでロバート•デ•マリオによって創業されたブランド。
ビーズやラインストーンのカットの美しさ、芸術作品といえるデリケートで唯一無二のデザインが特徴です。

1940年代にミリアム•ハスケルの元で働いており、接着剤を使わず、
すべてハンドメイドでワイヤー留めをして作品を作り上げるという手法を受け継いでいる。
この確かな職人技と、デザインで彼の作品への評価は極めて高いのです。

しかも、ブランドが成功していたにも関わらず、デ•マリオは1960年に突如引退し、
フロリダに隠居してしまう。
活動期間がたった20年未満と短く、彼の作品を手放すコレクターも少ないため、
価格は高騰しており、コスチュームジュエリーブランドの中でも希少価値が高いことで知られている。

希少価値でいったら、ミリアム•ハスケルのジュエリーよりもずっとずっと高いのです。
私がデマリオの作品に出会ったのは、あるジュエリーディーラーから。
彼女との出会いは、ロンドンのとあるヴィンテージフェアでした。

それまでも何百人ものディーラーに出会ってきたのですが、彼女のストール(お店)は輝いていました。

ディーラーとしての経験から来る誇りと、卓越したセンスで選び抜かれた30点ほどのジュエリーが並んでいました。
ストールという形式のお店としては、30点という商品量は多くなく、むしろ少ないほう。
それでも、私は足を止めずにはいられなかったのです。

彼女の専門は、デザイナーものを中心としたヴィンテージコスチュームジュエリー。
クオリティも、レア度も一流のジュエリーばかり。

すべて買い占めたい…

1点2点、抜群にいいものをもつディーラーはいても、
すべて買い占めたい…と思うジュエリーをもつディーラーは、100人に1人もいない。のが事実。

彼女の商品は、そのくらい群を抜いて素晴らしいのです。

彼女のジュエリーを見るだけで、幸せな気持ちになり、バイヤーとして勉強になります。
これからも私が仕事をしていく限り、彼女から買い付けをし、教わることは計り知れないのです。

こういったジュエリーとの出会いが、まるで中毒のように私をジュエリーの世界へ引き込み、
ジュエリーの持つ力を感じずにはいられないのです。


こちらは、De Marioが得意としたフラワーモチーフの愛らしいネックレス。
グレーのパールとブラウンのビーズのカラーコンビネーションがとてもシックで、
愛らしいデザインの甘さを控えられており、
彼らしい世界観が表現されています。

チェーンのボリュームに対し、トップ部分をあえて小さめにデザインするのも、
彼がよく用いたバランスです。
小さめのフラワーモチーフの真横に大きなグレーのパールを配置したのも、
彼の素晴らしい感覚を感じさせます。

細部に至るまで、拘りぬかれたジュエリーです。



No N141
Size 35+7cm(留め具調整部分)
購入数
Soldout