1800中 
ムーンブローチ

detail: ムーンブローチ

1800年代中期。
ヴィクトリアンジュエリー。
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。
ダイヤ、パール、ゴールド、そしてグラスといった様々な素材を使い、
過去のあらゆる様式を取り入れたデザインのジュエリーが作られました。

この時代に生まれたジュエリーデザイン、技法、身につけ方はその後のジュエリーの基礎となっていることから、
現在のファッションにも取り入れやすく人気があります。


月や星をモチーフにしたジュエリーは、ヴィクトリアンジュエリーを象徴するジュエリーの一つです。
現在でも天体をモチーフにしたジュエリーがたくさん制作されていますが、
アンティークジュエリーからインスピレーションを受けています。

ペーストと呼ばれる、この時代特有の優しい光を放つガラスが埋め込まれています。
時代がたった数十年進むと、ガラスカットも機械化し、このような優しい光を放つことはなくなってしまいます。
ヴィクトリアンジュエリーの魅力は、今の時代には失われてしまった…
こうした圧倒的な手仕事で制作されたジュエリーにあります。

全て当時のオリジナルのままのペーストです。
美しいペーストと、三日月の形状がとてもエレガントなジュエリーです。
No B199
Size
Price
58,000円(税抜)
購入数