1960 Maison Gripoix
パープルブローチ

detail:Maison Gripoixパープルブローチ

1960~70年代製。
1870年代にパリで、ガラスのビーズとボタン専門の工房としてスタートしたのが、
メゾングリポアの伝説のはじまり。

1900年代に入った頃、グリポアがコスチュームジュエリーの制作をスタートさせたことから、
状況は一変していく。
1920年代からは、ココ•シャネルからも、その高い技術とセンスを認められ、
シャネルのジュエリー制作を依頼される。
その後は、1940年代から、クリスチャン•ディオール。
イヴ•サンローラン、バルマン、ウンガロなど、名立たるメゾンに愛され、信頼され、
ジュエリー制作を任される。

<ご購入前に>
meltingpotのジュエリーはアンティーク•ヴィンテージジュエリーです。
職人によるメンテナンス、傷の補修、クリーニングをした状態でお客様にお渡ししておりますが、現行品の新品のジュエリーとは違い、傷やダメージがありますことをご了承下さい。
状態について、ご質問がある場合は、ご購入前にお気軽にご質問下さい。

永く愛用して頂くために、優しく扱って下さい。

また、商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承下さい。

ご購入後、半年以内に不具合が生じたジュエリーに関しましては、お客様のご都合、故意、不注意と判断させて頂いた場合を除き、無料でお直しをさせて頂きます。
ご購入後、半年を過ぎたジュエリーに関しましても、有料となりますがご相談させて頂きます。
状態により、修理ができないケース、お直しに1か月以上のお時間を頂くことがありますことをご了承下さい。

家族経営により、高いクオリティを守り続けてきたグリポア社ですが、
その大きな役割を担ったと言われているのが、
1895年に誕生したSuzanne Gripoixです。
マダムグリポアと呼ばれ、コスチュームジュエリー界では知らぬ者はいない。と言わしめた存在。
彼女がいなければ、ここまでグリポアが伝説の工房となることもなかったと言われています。
彼女がシャネルやディオールとの、コネクションを作ったからです。

グリポア社のジュエリーは、
ワイヤーでまず、土台を作り、ガラスを流し込むという手作業で制作されています。
こちらのブローチも、同様の制作方法です。

美しく、淡いカラーリングは、他の工房では表現できないグリポア独自の世界観です。
また、こちらのグリポアは、
一切のガラスの欠けもなく、
未使用品で保存されていたと思われる奇跡的な状態です。
Size