1800後半 ヴィクトリアン
シルバー製ローズバングル

detail: ヴィクトリアンシルバー製ローズバングル

1800年代後半製。
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことが
ヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、
女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、
ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、
ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのは
こういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

ヴィクトリア時代、イギリスではシルバーが産出されたことから、
シルバー製の食器、カトラリー…ジュエリーが数多く制作されました。

こちらのシルバーバングルも、ヴィクトリア時代を代表するジュエリーの一つです。
当時、職人によって手彫りで模様が入れられていたため、
2つと同じものはありません。
高度な技術から生まれた、緻密な模様は100年を経ても、色褪せることがありません。

ローズとバタフライがデザインされた繊細なシルバージュエリーです。
No BR105
Size 5×5.9cm(内寸)
Price
70,000円(税抜)
購入数