1960 Panetta
カタツムリブローチ

detail: Panetta カタツムリブローチ

196年代製。
イタリアで生まれたベネデッド•パネッタはイタリアで生まれ、
1901年にアメリカに移住しました。

イタリアでは自身のジュエリーショップを持っていたパネッタは、
アメリカ移住後にトリファリ、ペニーノでその技術を買われ、働いていた。
その後、1945年にニューヨークで2人の息子と共に自身のジュエリー会社を立ち上げた。

アールデコスタイルに強い影響を受けたもの、
エドワーディアンスタイルに強い影響を受けたもの等があり、
プラチナカラーのベースにハイクオリティのラインストーンをセットしたジュエリーは
本物と見間違うほどだったという逸話を持つブランドでもある。

こちらはパネッタがよくジュエリーに使用したゴールドカラーのベースに、
ハイジュエリーのような美しさと愛らしさのあるブローチ。

モダンで洗練された形状からは、長くジュエリー界に携わった彼の技術と、
確かなセンスを感じます。

花、木、鳥、そしてサンゴなど、自然をインスピレーションにしたジュエリー作家、ブランドは
数知れずありますが、
Panettaの作品のように、洗練を感じるものはとても少ないのです。
No B220
Size 3.8×2cm
購入数
Soldout