1960 Alice Caviness
ブルー&ホワイトイヤリング

detail: Alice Cavinessブルー&ホワイトイヤリング

1960年代製。
アリスカヴィネスは、第二次世界大戦後、
アメリカのニューヨークで自身のブランドをスタートさせる。
元モデルだったアリスは、そのセンスをジュエリーの世界で発揮する。

彼女自身が厳選したハイクオリティの素材を使い、
独特の色使いのカメオ、フルーツ、動物などをモチーフに
ジュエリーを製作し、一気に評判となる。

彼女のこだわりは、ブランディングにも及んだ。
彼女が認めた、クオリティの高いお店でしか販売をさせなかったのです。

1950年代には、ミリアムハスケルの元で働いていたMILLIE PETRONZIOをデザイナーに迎え、
ベストコンビとなり、2人で共同でデザインを1982年までしていく。

彼女が亡くなるその時までブランドは継続し、彼女もジュエリーを製作し続けた。
彼女の死後、2000年までブランドは継続し、製作をストップした。
高いクオリティで製作された彼女のジュエリーは、数多く製作されておらず、
入手が困難なデザイナージュエリーの一つとして有名です。

こちらは、様々な形のパーツをコンビネーションさせた彼女らしい作品。
ブルーのガラスパーツは手作業で制作されており、一つ一つ形状が違います。
その形状の違いを生かし、イヤリングは左右でパーツの配置が全く同じではありません。
この時代、こちらのイヤリングのように、
ラインストーンや様々なガラスパーツを組み合わせたジュエリーが他のデザイナーブランドでも、
発表されていましたが、
左右でパーツの配置をデザインで変えることは珍しいことです。
言葉で表現することは難しいですが、
彼女の作品には、オリジナリティと作品への強い誇りがあります。
あえて、パーツの配置を変えるという遊び心も、彼女独自の世界観です。

真っ白のパーツと、白さを引き立てるブルーのパーツのコントラストがとても美しい作品です。

No E158
Size
Price
35,000円(税抜)
購入数