1800後 イギリス製
シルバーフラワーネックレス

detail: イギリス製シルバーフラワーネックレス

1800年代後半。
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのはこういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

ヴィクトリア時代、イギリスではシルバーが産出されたことから、
シルバー製の食器、カトラリー…ジュエリーが数多く制作されました。


こちらのネックレスは、
小さな小さな花モチーフが数えきれないほどに装飾された、
手仕事の極みとも言えるジュエリーです。
まるで、レース編みのようにデリケートな美しさがあります。
しかし、デリケートな見た目とは対称的にしっかりと制作されており、
制作から100年以上を経ても、
留め具に至るまで、全て当時のオリジナルのままです。

このような途方もない手仕事で制作されたジュエリーは、
今ではほとんど皆無と言えます。

こちらのジュエリーだけを身につけて頂いても、
その美しさは際立っていますが、
パールなどのジュエリーと重ね付けもして頂けるデザインです。

次世代にまで愛用して頂ける、素晴らしいクオリティのジュエリーです。
No N202
Size
Price
120,000円(税抜)
購入数