1950 Miriam Haskell
オレンジドロップイヤリング

detail: Miriam Haskell オレンジドロップイヤリング

1950年代製。
ミリアムハスケルとは、コスチュームジュエリー界で最も有名で重要な人物。
1924年にたった500ドルを片手にニューヨークにでてきて、サロンをオープン。
1926年に自身のブランドを発表するとすぐに大成功を修める。

ハスケルは「本物以上に最高のジュエリー」を作るという信念のもと、
クオリティにはこだわりを持っていました。
ビーズはヴェネチアやボヘミアンから、珊瑚や貝、日本から取り寄せた真珠など、
彼女の真贋美にかなった素材しか作品に決して使うことはなかった。

『ヴォーグ』のトップモデルや、グレタ・ガルボをはじめとするハリウッド女優も
ハスケルのジュエリーのファンであり、夢中なったことで知られています。

私がハスケルのジュエリーに出会ったのは、ロンドンのとあるマーケットでした。
それまでも何百人ものディーラーに出会ってきたのですが、
彼女のストール(お店)は輝いていました。
ディーラーとしての経験から来る誇りと、
卓越したセンスで選び抜かれた30点ほどのジュエリーが並んでいました。

彼女の専門はデザイナーものを中心としたヴィンテージコスチュームジュエリー。
クオリティも、レア度も一流のジュエリーばかり。
すべて買い占めたい…と思った彼女のジュエリーの中で、
私が運命だと思ったものがミリアムハスケルのジュエリーでした。

女性らしい柔らかなフォルムをしていて、
多くの素材のパーツを使いながらもけばけばしくなることもないジュエリー。
洗練されていて、気品に満ちたジュエリー。
何よりもハスケルのジュエリーには、人を惹き付ける不思議な力があるのです。

今もハスケルの意思を受け継ぎ、ブランドは存続していますが、
当時のデザイン、質には到底及ばないというのが私の個人的な意見です。
ヨーロッパやアメリカ、日本など世界中にコレクターがおり、その価値は毎年上がり続けています。
私自身もデザイナーや時代、ブランドに関係なくジュエリーを集めているコレクターですが、
ハスケルのジュエリーは私にとっても、特別なコレクションとなっています。

残念なことに、近い将来、ハスケルのハイクオリティのジュエリーは
その多くが美術館でしか見ることが出来なくなるのではないかと思っています。
出来る限り、ハスケルを直接お客様にお渡していくつもりです。

買い付けでハスケルの新たな作品に出会う度に、こんなカラーコンビネーションがあったのか…
こんなデザインがあったのか…と、いつも新鮮です。


こちらのイヤリングは、ハスケルの黄金期である1950年代の作品。
初期のハスケルが良い、後期のハスケルは良くない…ということはできませんが、
1950年代に制作された作品は美しいものが多い!ということはできます。

4種類のオレンジのパーツが巧みなバランスで配置され、
ガラスビーズの魅力が最大限まで引き出されています。
愛らしく、凛としており、ハスケルの世界観がイヤリングに詰まっています。
この世界観は、他のどんなデザイナーにも真似することはできません。
どの角度からイヤリングを見ても、完璧です。
No E181
Size 2.5×4.5cm(ドロップ含)
Price
65,000円(税抜)
購入数