1950 Matisse
シェルイヤリング

detail: Matisseシェルイヤリング

1950年代。
1946年、Jerry Felsがアメリカでルノアールという銅製のジュエリーブランドを
設立したのが始まり。
その後、1952年に別ブランドとして、マティスを立ち上げる。
ルノアールは銅のみで製作し、
マティスは銅にエナメルで細工をしたラインとして発表した。

彼は一貫して、19世紀後期から20世紀のはじめに起こった、
手作業によるアーツ&クラフツの精神に影響を受け、
その精神に、彼のモダンな感性がミックスされたジュエリーは高い評価を受けた。

カエデの葉、パレットなど、自然やアートなどからインスピレーションを受けた彼の作品は、
そのオリジナリティと美しさから、
1964年に制作がストップした後も、多くのジュエリーデザイナーに影響を与え、
今もなお、コレクターの人気アイテムとなっています。

実は、はじめてマティスのジュエリーを買い付けしました。
今までは、マティスの作品に出会っても、買付には至りませんでしたが、
今回、このイヤリングに出会い、その美しさと、彼の作品世界に感動しました。
そして、ただ正しいマティスの作品に出会えてなかっただけだったのだ。と思いました。

個人的には、
美しいフォルムとエナメルの組み合わさったマティスの作品の方が、
ルノアールの作品よりも魅かれます。

エナメルワークの美しいシェルと、モダンでシャープなモチーフのコンビネーションは、
彼がなぜ、コスチュームジュエリー界で今もなお、高い評価を受けるのかがよく分かります。

<ご購入前に>
meltingpotのジュエリーはアンティーク•ヴィンテージジュエリーです。
買い付け時に状態をチェックし、
買い付け後、職人によるメンテナンス、傷の補修、クリーニングをした状態でお客様にお渡ししております。
それぞれのジュエリーを永くご愛用頂くために、メンテナンスに一番の時間と労力をかけています。
しかし、現行品の新品のジュエリーとは違い、傷やダメージがあります。
状態について、ご質問がある場合は、ご購入前にお気軽にご質問下さい。

また、商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承下さい。

ご購入後、半年以内に不具合が生じたジュエリーに関しましては、お客様のご都合、故意、不注意と判断させて頂いた場合を除き、無料でお直しをさせて頂きます。
ご購入後、半年を過ぎたジュエリーに関しましても、有料となりますがご相談させて頂きます。
状態により、修理ができないケース、お直しに1か月以上のお時間を頂くことがありますことをご了承下さい。

ご購入時には、保証書をお付けし、お渡ししています。
No E393
Size 2.3×3cm
Price
43,000円(税抜)