1930
アジサイピアス

detail: アジサイピアス

1930年代。
アールデコとは…
1925年、パリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。
自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。
こうした時代情勢に合わせて、
ジュエリーもよりシンプルでモダンで、コントラストの大きいデザイン、アールデコが生まれました。

こちらのピアスは、
アールデコ期のものですが…時代背景というよりは、
制作した職人のセンスと技術力の高さを強く感じる作品です。

デリケートで、芸術的、そして高い高い技術による手彫りによるアジサイの花。
(アジサイ部分は木製)
そして、その世界観をさらに反映した淡く、柔らかく、優しい色使い。
造形と彩色のバランスが完璧です。

手にとった瞬間に、
これは素敵なジュエリーだと感じました。
作家物でもなく、ブランド物でもないため、
どこの国の、どこの職人が制作したものかも分かりません。
同じ職人が制作した他の作品を見れないことが残念でなりません。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E372
Size 6.3cm(留め具含む)
Price
30,000円(税抜)