1800後
キリストブローチ

こちらは、お問い合わせ下さい。

detail: キリストブローチ

1800年代後半。
ヨーロッパのアンティークジュエリーには、
キリストがデザインされたものがあります。
宗教と生活が密接に関連しており、
ジュエリーとして、常に身につけるということが文化の一つでもありました。

現在ではジュエリーデザインとして取り入れられている十字架(クロス)も、
元々は同じ背景があります。

不思議ですが、買い付けをしていて度々このような背景のジュエリーに出会い、
その美しさに一瞬で魅了されます。
キリスト部分は、手書きで描かれており、
手仕事の技術の高さ、素晴らしさは感動的です。

また、枠は私が個人的にも大好きなカットスティールです。
カットスティールとは、その名の通り鉄をカットしたもの。
18世紀中期からイギリスで製作されたのがはじまりで、ダイヤモンドの代用品として生まれました。

職人による手作業で鉄をビーズ大に小さくカットし、研磨して作られていたため、
鉄とは思えないほどにキラキラ輝いています。
19世紀後半には製作がストップしていまい、アンティークの世界では高く評価されているものの一つ。
その価値は、天然石であるガーネットやシードパールを凌ぐほど。
どちらかというと、バイヤーやディーラーといったプロに人気が高い。

手書きによるキリスト、そしてカットスティールによる装飾は、
ヨーロッパアンティークを象徴しています。

このブローチを気に入って下さるお客様はいらっしゃるだろうか…?と悩みましたが、
完全に心を奪われ、その気持ちに従うことにしました。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No B332
Size 5.5cm