1960 Hattie Carnegie
ホワイトフラワーイヤリング

detail: Hattie Carnegieホワイトフラワーイヤリング

1960年代
ハッティ•カーネギーは、1886年にオーストリア生まれのデザイナー。
その後、アメリカに移住。

1913年にニューヨークに洋服と帽子店を開き、成功を収め、
その後、全米にチェーン展開し、更なる成功を収める。
フレンチ•クチュールをアメリカ風にアレンジしたスタイルは、
アメリカのファッション界に大きな影響を与え、
その影響はニューヨークからハリウッドへも。

ジュエリーを手がけるようになったのは1918年のことで、
J•クロフォードをはじめとする多くのアカデミー女優が彼女のジュエリーの虜となった。

花、フルーツモチーフから、オリエンタルスタイルまで彼女のジュエリースタイルは多岐に渡り、
すべてがオリジナリティに溢れています。
大きな特徴の一つが、様々な素材をミックスして、
あえて「いかにもフェイクジュエリーである」ことを強調したこと。
そこに彼女のクリエイションの遊び心がつまっているのです。
そして、彼女はすべて独学でデザインしていたというのが驚きです。

彼女のジュエリーには可憐さ、大胆さ、美しさ、繊細さが備わっており、
大人の女性が身につけてもマッチするのです。
こちらのイヤリングは、一見シンプルですが、
大きさ、カラーリング共にバランス感覚に優れた彼女らしい作品。
とても品があります。

この時代に多くの才能あるデザイナーが活躍しましたが、彼女の作品は異彩を放ち、
今もなお評価の高いデザイナーの一人となっています。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E402
Size 2.2×2.8cm
Price
36,000円(税抜)