1910
アルミニウムリング

detail: アルミニウムリング

1910年代。
アルミニウム製。
アルミニウムが金属として生成されるようになったのは、1800年代のこと。
その希少さから、金よりも価格の高かった時代があったほどです。

多くの学者が研究に研究を重ね、
1880年代にやっと大量生産できるようになると、
価格も落ち着き、その後アルミニウム製のジュエリー、メガネなども制作されるようになりました。

こちらのリングも、そんな時代背景の元、
1910年代に制作されたジュエリーです。

シルバーリングとはまた違った質感と美しさがあります。
より柔らかい雰囲気があり、クールなデザインと素材感のギャップがとても魅力的です。
デザインは、手彫りによるデリケートな彫りが入っています。

現代のように、
ありとあらゆる素材が容易に手に入るわけではなかった時代だからこそ生まれた、
ストーリーがあります。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No R41
Size 10.5号
Price
28,000円(税抜)
購入数