1800後
ゴシックリバイバルブレスレット

detail: ゴシックリバイバルブレスレット

1800年代後半。
ゴシックは12世紀のヨーロッパで生まれた建築様式のこと。
特に、ゴシック様式で建築されたものと言えば…教会を思い描かれる方が一番多いと思います。
建築様式を指す言葉がはじまりでしたが、
絵画、彫刻などの美術にもゴシックという言葉が使われるようになりました。

15世紀からは、ある特有のファッションスタイルをゴシックと言うようにもなります。
(現代のゴシックは、違った意味を含むようになり、アンティークでいうゴシックとは異なります。)

こちらのブレスレットは19世紀製のもので、
15世紀のゴシックスタイルをジュエリーデザインに取り込み、
当時、現代風に解釈し、リバイバルとして制作されたものです。

現代でも、
60年代風、80年代風ファッションなどの過去のファッションスタイルをアレンジし、
再び流行することがありますが、
その文化は1800年代にすでにあったものです。

このようなリバイバルジュエリーは、
歴史的にも興味深く、ジュエリーとしても魅力的なものが多いのです。

イエローゴールドとゴールドカラーをベースに、
シックな赤と青のガラスビーズがポイントに使われ、
ゴシックスタイルのデリケートさとモダンさが取り込まれた素晴らしいデザインです。

制作した職人のイマジネーションと、卓越したセンスを感じるブレスレットです。

<ご購入前に>
meltingpotのジュエリーはアンティーク•ヴィンテージジュエリーです。
買い付け時に状態をチェックし、
買い付け後、職人によるメンテナンス、傷の補修、クリーニングをした状態でお客様にお渡ししております。
それぞれのジュエリーを永くご愛用頂くために、メンテナンスに一番の時間と労力をかけています。
しかし、現行品の新品のジュエリーとは違い、傷やダメージがあります。
状態について、ご質問がある場合は、ご購入前にお気軽にご質問下さい。

また、商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承下さい。

ご購入後、半年以内に不具合が生じたジュエリーに関しましては、お客様のご都合、故意、不注意と判断させて頂いた場合を除き、無料でお直しをさせて頂きます。
ご購入後、半年を過ぎたジュエリーに関しましても、有料となりますがご相談させて頂きます。
状態により、修理ができないケース、お直しに1か月以上のお時間を頂くことがありますことをご了承下さい。

お直しには最善を尽くさせて頂きますが、アンティーク&ヴィンテージジュエリーという性質上、
お直しの際に破損する場合が稀にあります。
万が一、破損があった場合、meltingpotは保証ができませんのでご了承下さい。

ご購入時には、保証書をお付けし、お渡ししています。

No BR156
Size 17.5cm