1930 フランス製
タツノオトシゴイヤリング 

detail: フランス製タツノオトシゴイヤリング 

1930年代製。
アールデコ期にフランスで流行ったタツノオトシゴのモチーフのジュエリー。

この背景にはとても興味深い事実があります。
ジャン・パンルヴェ(1902〜1989年)は、フランスの映画監督であり、水中生物専門の生物学者。
ダリやスキャパレリのように、彼もまたシュールレアリズムに魅せられ、作品作りをした一人です。

彼の最高傑作と言われているのが、タツノオトシゴにフュチャーした映画。
タツノオトシゴがどんな風に泳ぐのか、そもそもどんなに素晴らしい生物なのかに迫った作品でした。
水中カメラのなかった当時、ガラスのケースを製作し、
そこにカメラを入れ撮影されたという逸話も残っています。

彼の映画の影響で一大ブームとなったタツノオトシゴは
ネックレス、ドレスクリップ、イヤリング、ブレスレットなど、ジュエリーのモチーフとなり、
人気になりました。

そんな背景があり、
この時代のフランスジュエリーを象徴するジュエリーの一つがタツノオトシゴなのです。
こちらは当時のイヤリングです。
アールデコであるモダンで、左右対称なデザインにタツノオトシゴが愛らしく付いています。

きっとそんなに多くの方が知らないであろう歴史的事実と共に、
身につけて頂くジュエリーは、
とてもロマンチックです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E474
Size 1.8×1.7cm
Price
23,000円(税抜)