1930
DECO ゴールド&シルバーリング

detail: DECO ゴールド&シルバーリング

1930年代
9金&シルバー&ガラス製
アールデコ期のリングです。
アールデコとは…
1925年、パリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。
自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。
こうした時代情勢に合わせて、ジュエリーもよりシンプルでモダンで、コントラストの大きいデザイン、
アールデコが生まれました。

こちらは、アールデコ期のモダンなデザインの特徴がよく表れたリングです。
アールデコ期のジュエリーデザインは、現在でもよく取り入れられています。

現行のジュエリーでは、通常、
金やダイヤモンドなどを使ったハイジュエリーと、
合金やガラスなどを使ったコスチュームジュエリーがはっきりと分けられています。
しかし、このリングはストーンはガラス製、リング部分にはゴールドが使われています。
この特徴は、100年以上前のアンティークジュエリーにも言えることです。

ゴールド製なのに、ストーンはガラスのリング。
ダイヤモンドとガラスをミックスして使用しているリング。など、
この特徴がアンティークジュエリーの鑑定をさらに難しくしている要因の一つ。
そして、最大の面白さでもあります。
昔の職人さんは、素敵なジュエリーを制作するために、
貴石とガラスの垣根を越え、美を追求していたのです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No R68
Size 13号
Price
38,000円(税抜)
購入数