1940 Louis Rousselet
パールピアス

detail: Louis Rousselet パールピアス

1940年代。
ルイ•ロスレーは、1892年パリ生まれ。
幼い頃よりガラス工房へ奉公に出され、ガラス製作の技術を磨きました。

1919年には、パリに自身の工房を開き、オーナーとなる。
1920〜30年代、歌手のジョセフィン•ベーカーをはじめ、
ムーランルージュのスターたちが彼のジュエリーの虜になったことで知られている。

また、その確かな高い技術から、
シャネル、バルマン、スキャパレリから信頼され、ジュエリー製作の注文を受けていました。
作品が世界中の美術館に貯蔵されている、ガラス作家ルネ•ラリックも彼と共作していたほど、
パリのガラス制作の世界では、実力を知られた存在でした。

フランスのみならず、世界で高い評価を受けており、
当時から彼の作品は多くの国に輸出されていました。
彼の右腕となっていた娘、Deniseが1965年にチーフデザイナーとなり、
その後1975年に工房を閉めました。

ロスレージュエリーの代表的なパーツの一つ、
パールを使った繊細なピアス。
フィルグリー(金銀線細工)の部分も型抜きではなく、
手作業で制作されており、その美しさは感動的です。
小さなピアスに、職人たちの技術の結晶と、ロスレーのセンスが詰まっています。

ロスレーのようにパーツ制作から自身の工房で行っていたデザイナーは少なく、
その評価は近年高くなっており、
私がバイヤーになって以来、
最も入手困難になったデザイナーの一人です。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E436
Size 5.2cm
Price
50,000円(税抜)
購入数