1830
ジョージアンクロス

detail: ジョージアンクロス

1820~30年代
ジョージアン製

メルティングポットがアンティークジュエリーでお渡しさせて頂く主な時代は、
ヴィクトリア時代製(1837〜1901年)のものでした。

その理由は、
ヴィクトリア女王の政治が安定していたこと、産業革命後に裕福な富裕層が増えたことにより、
王族や貴族などの限られた人しか、ジュエリーを身につけられなかったジョージアン時代に比べ、
ヴィクトリア時代はジュエリーを身につける人が増え、制作数が増えました。
ジョージアンもヴィクトリアンジュエリーも、上質なものを買い付けすることは、
簡単ではないことは確かですが、
絶対数の少ないジョージアンのジュエリーは、より難しいのが事実です。

しかし、アンティークジュエリーを突き詰める上で、
ジョージアン製のジュエリーもまた、私には興味深く、美しいものが多いので、
今回から、ジョージアン製のジュエリーもご紹介させて頂きます。

こちらは、ブローチをリメイクし、ペンダントトップにしたクロス。
(リメイクされたのは、100年以上前です)
全体はシルバー製で、ループの部分はゴールド製。

何よりも、美しいガラスが特徴的です。
これはアンティークのガラス、ダイヤモンドに共通して言えることですが、
ガラスカットが柔らかく、優しい光り方をします。
身につけた時に、ギラギラとした光り方をしないので、
どんなファッションにも自然に馴染むのです。
アンティークのこの特徴的なガラスカットはペーストと呼ばれ、
アンティークジュエリーの大きな魅力の一つになっています。

アンティークガラスの中でも時代によっても、光り方は違いますが、
特にこちらのジョージアン製のペーストの美しさは格別です。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No N317
Size 4.8cm(ループ含む)
Price
37,000円(税抜)