1950 Matisse
グリーンモチーフイヤリング

detail: Matisse グリーンモチーフイヤリング

1946年、Jerry Felsがアメリカでルノアールという銅製のジュエリーブランドを
設立したのが始まり。
その後、1952年に別ブランドとして、マティスを立ち上げる。
ルノアールは銅のみで製作し、
マティスは銅にエナメルなどで細工をしたラインとして発表した。

彼は一貫して、19世紀後期から20世紀のはじめに起こった、
手作業によるアーツ&クラフツの精神に影響を受け、
その精神に、彼のモダンな感性がミックスされたジュエリーは高い評価を受けた。

カエデの葉、パレットなど、自然やアートなどからインスピレーションを受けた彼の作品は、
そのオリジナリティと美しさから、
1964年に制作がストップした後も、多くのジュエリーデザイナーに影響を与え、
今もなお、コレクターの人気アイテムとなっています。
個人的には、
マティスの作品の方が、ルノアールの作品よりも魅かれます。

こちらは、マティスの特徴である銅と樹脂のコンビネーションによる、
個性的なイヤリング。
まるで、ピカソの抽象画のようで、他のデザイナーにはない彼独自の世界観を感じます。

9000円→6000円

ご購入前にこちらをご覧ください。

No E478
Size 2.5cm
Price
6,000円(税抜)
購入数