1880
シルバードラゴンフライブローチ

detail: シルバードラゴンフライブローチ

1880年代
シルバー製、ヴィクトリア時代
機械化が進むまえのヴィクトリアン時代のジュエリーは、
多くの工程が手作業で行われていました。

職人の高い技術で制作されたシルバージュエリーは、
美しいものが多く、100年を経ても…その美しさは色褪せることがありません。
手作業の工程を減らしてしまった現代のジュエリーと比べると…感動的でさえあります。
ヴィクトリアンジュエリーは、
meltingpotが買い付けの度にご紹介しているジュエリーです。

現在でも、多くのデザイナー、ブランドによって、
制作されている動物や虫のジュエリー。
起源はアンティークジュエリーです。
ヴィクトリア時代からジュエリーのモチーフにされており、
当時、とても人気がありました。

私が個人的に虫をモチーフにしたジュエリーを好きなこともあり、
強い拘りで、厳格に買い付けしています。
meltingpotの定番であり、お客様にもご好評頂いているシリーズです。

こちらは、トンボのブローチ。
また、この質感はカットスティールをシルバーで模しています。
〈カットスティールとは…〉
その名の通り鉄をカットしたもの。
18世紀中期からイギリスで製作されたのがはじまりで、ダイヤモンドの代用品として生まれた。
職人による手作業で鉄をビーズ大に小さくカットし、
研磨して作られていたため、鉄とは思えないほどにキラキラ輝いている。
19世紀後半には製作がストップしていまい、アンティークの世界では高く評価されているものの一つ。

当時のシルバー職人が
手間を惜しまず、高い技術で、カットスティールを模して制作しており、
手仕事の極みと言えます。
クオリティは素晴らしく、凛とした美しさがあります。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No B437
Size 7.5cm
Price
120,000円(税抜)
購入数