1960 Schiaparelli
ウォーターメロンイヤリング

detail: Schiaparelli ウォーターメロンイヤリング

1960年代
ファッション業界では、その名を知らぬ人はいないスキャパレリ。
シャネルと並ぶ、ファッションアイコンでもあります。

1890年、ローマの裕福な一族で育ったスキャパレリ。
結婚、出産、離婚を経験し、フランスのパリで自身のクチュールメゾンを開き、
大成功を収めたのは1920年代のこと。

シャネルとスキャパレリは、当時自立した、才能ある女性として、
新しい時代の幕開けのスターとして君臨したのです。

ダリ、コクトーなどのシュールレアリストたちとの親交も深く、
アートとファッションを融合させた人物としても有名です。
アートとファッションへの彼女の情熱は、凄まじいものでした。

彼女なりの解釈で、シュールレアリズムを表現したのが「ショッキングピンク」。
シャネルがクラシカルなスタイルを確立させたのに対し、
スキャパレリはもっとエキセントリックでユニークなスタイルを提案した。

時代を読む力にも長けていた彼女は、第二次世界大戦中にアメリカに移住。
ニューヨークでお店をオープンさせる。

ピエール•カルダン、ジバンシーを育てたのも彼女であることは有名な話。
1973年に亡くなるまでの彼女の偉業は計り知れない。


こちらのイヤリングは、彼女がアメリカで自身のブランドをオープンさせた後のもの。
彼女のジュエリーラインの代表的な作品の一つで、
ウォーターメロンと呼ばれる、美しい虹色のガラスが使用されています。

ウォーターメロンを大胆に、引き立たせたシンプルながらも、
スキャパレりらしい個性と存在感が際立った素晴らしいジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E311
Size 3.6cm
Price
35,000円(税抜)