1930
デコパールドロップイヤリング

detail : デコパールドロップイヤリング

1930年代
アールデコ期のイヤリングです。
アールデコとは…
1925年、パリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。
自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。
こうした時代情勢に合わせて、ジュエリーもよりシンプルでモダンで、
コントラストの大きいデザイン、アールデコが生まれました。

こちらのイヤリングは、
アールデコジュエリーの特徴が詰まっています。
ヴィクトリア時代よりも長いドロップで、
パーツの一つ一つも、より大きくなっています。

パールというと、、冠婚葬祭の時にしか身につけない、
ワンピースなどのスタイルにしか合わないというイメージを持たれる方も多いと思いますが、
デニムやTシャツといった、
カジュアルなスタイルに合わせると、より女性的になります。
日常的に身につけて頂く、パールジュエリーおすすめです。

こちらのパールは、ガラス製パールです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E522
Size 6.5cm
Price
35,000円(税抜)
購入数