1950 イタリア製
セラミックタツノオトシゴイヤリング

detail:イタリア製セラミックタツノオトシゴイヤリング

1950年代
陶器製

第二次世界大戦後、イタリアのジュエリー業界は急激に発展し、
多くのジュエリーが作られ、多くの才能あるデザイナーが生まれました。

フランス製ジュエリーが繊細で、エレガントであるのに対し、
イタリアのジュエリーは大胆で派手なデザインが基本的な大きな特徴になっています。

イタリアには今もなお、ガラス細工で有名なムラーノ島があるように、
何百年前もからイタリアのベースとなっている
ガラス、陶器、サンゴ等の高い伝統技術をコスチュームジュエリーに取り入れ、
一気に人気に火がついたのです。

イタリア独自のジュエリー文化が発達した1950年代頃は、
アメリカをはじめ世界中からバイヤーが殺到し、イタリアンジュエリーに夢中になったのです。

こちらのイヤリングはそんな1950年代に陶器の職人、
またはアーティストによって完全なるハンドメイドで作られた作品。
細工の繊細さに反し、大胆でポップで愛らしいデザインです。

ターコイズカラーに、珊瑚そしてパール、色付けされたゴールドのラインがより立体感を出しています。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E533
Size 3.5cm
Price
30,000円(税抜)