1960 Amourelle
ホワイトフラワーイヤリング

detail: Amourelleホワイトフラワーイヤリング

1960年代
Amourelleは1926年から1960年までミリアムハスケルの右腕だった、Frank Hessによるブランド。

あまり知られていませんが、ハスケルはデザイナーとしてではなく、プロデューサーだったのです。
すべてのデザインのチェック、素材選び、広告、ジュエリー製作方法に至るまで
ハスケルはプロデューサーとしての才能が秀でていたのです。
その才能は、若き才能あるデザイナーを見極めることにもありました。

Frank Hess、De Mario、STANLEY HAGLERなど、
ハスケルの元で働いていた多くの才能ある弟子たちがその後、
ジュエリー界を担うデザイナーとして注目されることになるのです。
弟子たちは、ハスケルの追求したクオリティ、デザイン…
すべてにおいて妥協をしない物作りへの強い誇りとこだわりを受け継ぎ、
自身のクリエイションを追求していくのです。

Frank Hessはそんな一人。
ハスケルがここまで伝説となったのは、フランクの功績でもあります。
ハスケルとフランクのコンビは、
ゴールデンコンビとして多くのジュエリーを発表し、確固たる地位を確立するのです。

こちらはフランクがハスケルの工房を去った後に、Amourelleとして手がけたもの。
フランクが手がけたのはわずか1年のみという、
短期間のためコスチュームジュエリーの世界では、伝説のブランドとなっています。

真っ白なガラスビーズを上品に、女性的にデザインしています。
ヘスらしく繊細で、同時に他のデザイナーにはない彼独自の個性も強く感じます。
ハスケルから絶大な信頼を得た、彼の才能の集大成とも言える素晴らしいジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E491
Size 2.5cm
購入数
Soldout