1950 De Mario
ブラックフラワーイヤリング

detail: De Mario ブラックフラワーイヤリング

1950年代
デ•マリオは、1945年にニューヨークでロバート•デ•マリオによって創業されたブランド。
ビーズやラインストーンのカットの美しさ、芸術作品といえる大胆で唯一無二のデザインが特徴です。

1940年代にミリアム•ハスケルの元で働いており、接着剤を使わず、
すべてハンドメイドでワイヤー留めをして作品を作り上げるという手法を受け継いでいる。
この確かな職人技と、デザインで彼の作品への評価は極めて高いのです。

しかも、ブランドが成功していたにも関わらず、デ•マリオは1960年に突如引退し、
フロリダに隠居してしまう。
活動期間がたった10年と短く、彼の作品を手放すコレクターも少ないため、
価格は高騰しており、コスチュームジュエリーブランドの中でも希少価値が高いことで知られている。

希少価値でいったら、ミリアム•ハスケルのジュエリーよりも高いのです。

デ•マリオは愛らしく、可憐なジュエリーをデザインすることを得意としていました。
こちらは彼の作品の中では異色作の強さを感じるイヤリング。
ブラックカラーを使った彼の作品を目にすることも少なく、頻繁ではなかったと思います。
強さの中にも、やはり彼らしいデリケートさも感じます。

派手な作品ばかりを作り上げるデザイナーではありませんが、
私はこうしたデ•マリオの作品への姿勢がとても好きですし、
多くのコレクターが彼の作品を手離さない所以ではないかと思っています。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E489
Size 3.3cm
Price
38,000円(税抜)