1960
ホワイトプランツイヤリング

detail: ホワイトプランツイヤリング

1960年代
1930年代のアールデコ期のジュエリーを象徴するデザインの一つが、
the all-white lookと呼ばれるもの。
別名、ホワイト•カーペット。
名前の通り、すべてホワイトのラインストーンで埋め尽くされたジュエリーです。

1930年代に真っ白のジュエリーが、定番のスタイルになりました。
こちらは1930年代からの流れを受け、
1960年代に制作されたイヤリングです。

植物をイメージして長方形とダイヤ形のラインストーンでデザインされています。
ラインストーンを上下に立体的に配置することにより、
ラインストーンの輝きと奥行きのあるデザインの魅力を最大限まで引き出しています。
身につけた時に耳に添う形も、
デザインーがしっかりと考えてジュエリーを制作した、
クオリティの高いヴィンテージジュエリーの証です。

真っ白なヴィンテージイヤリングは、
ヴィンテージジュエリーのベーシックとして、
持って頂くのにおすすめです。
季節、スタイルを問わず、お使い頂けます。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E390
Size 2.5cm×3.3cm
Price
18,000円(税抜)