1950 Trifari
ゴールドフラワーイヤリング

detail: Trifari ゴールドフラワーイヤリング

1950年代
コスチュームジュエリーのブランドとして、最も大きな成功を収めたのがトリファリ。
金工細工の家系に生まれたスターヴォ・トリファリが、
1904年にイタリアのナポリからニューヨークに移民として渡り、
ジュエリービジネスを展開し始めたのがトリファリのはじまり。

スターヴォ・トリファリの巧みなデザインをベースに、
1910~20年代にかけて、トリファリ社に営業、経営のスペシャリストが加わったことにより、
一気に会社は大きくなっていく。
1930年代には、ブロードウェイのミュージカルでトリファリのジュエリーが使われるようになり、
ハリウッドスターにも愛用される。

また、トリファリの転機と言われるのが、
カルティエやヴァンクリーフ&アーペルのデザイナーだったアルフレッド・フィリップが
トリファリ社のデザイナーになったこと。

ハイジュエリーのデザイナーだったアルフレッドの加入により、
イマジネーション溢れるデザインに、
コスチュームジュエリーはハイジュエリーにも劣らない!という価値観を定着させるため、
高い技術によるストーンセッティングのコスチュームジュエリーを制作し、トリファリ社の代名詞となる。
フィリップの指揮下で制作されたジュエリーは、現在、高いレア度を誇っています。

1968年に引退するまで、フィリップの功績は計り知れません。
経営戦略にも長けたトリファリ社は価格帯を広く設定し、大規模な広告で知名度を上げ、
1953年には大統領夫人がトリファリのジュエリーをオーダーするまでになる。

トリファリは大きなジュエリーブランドであるからこそ、
生産数も多く、ジュエリーのクオリティ、レア度も、他のブランドよりも幅広いのが特徴です。
基本的には、あまりmeltingpotでは扱うことがありません。
必然的に、トリファリを扱う時は、とても気にいったものだけになります。


こちらはPAT.PENDという刻印が入ったシリーズ。
PAT.PENDとは特許出願中という意味で、デザインの著作権がなかった為、
デザイナーは特許出願し、デザインを守っていました。
才能溢れる、アルフレッドのデザインを守るためだったと言われています。

花という可憐なモチーフを力強く、かっこよく表現したイヤリング。
立体的な雄しべと雌しべが、よりジュエリーのアクセントになっています。
こういった表現の仕方があったんだ…と思いました。
ジュエリーの表現を広げ、覆したTRIFARIの底力を感じるジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E549
Size 2.3cm
Price
25,000円(税抜)
購入数