1960
ホワイトラインストーンイヤリング

detail: ホワイトラインストーンイヤリング

1960年代
1960~70年代は、オートクチュール(高級オーダー服)から
プレタポルテ(高級既製服)に移行した時代。
ソニアリキエルや、近年人気の復活したKENZO、三宅一生らが生み出す新しいスタイルが
流行を席巻すると共に、コレクションだけでなくストリートからも流行が発信されました。

コスチュームジュエリーの素材も、化学分野の発展によって素材が多様化し、
これまでにはなかったデザインが生まれるようになりました。
大胆なデザインが生まれるようになった60年代以降のジュエリーは、
アンティークジュエリーとはまた違ったおもろしさやかわいさがあるのです。

こちらはそんな60年代を象徴するような、
異素材の組みわせのイヤリングです。
クリアなラインストーンはガラス製、白い部分は樹脂(プラスチック)です。

1900年代初頭から、新素材である樹脂が少しずつ様々な物に使用されるようになり、
プラスチックがジュエリーに取り入れられるようになったのが、1960年代頃です。

様々なデザインを可能にしたプラスチックは、デザイナーの創作意欲を刺激し、
こちらのイヤリングのように、プラスチック×異素材のジュエリーが生まれました。
時代を象徴するジュエリーと言えます。

真っ白なプラスチックとガラスのラインストーンの組み合わせは、
とてもクールです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E566
Size 2×3.5cm
Price
12,000円(税抜)
購入数