1960
ピンクリーフイヤリング

detail: ピンクリーフイヤリング

1960年代
1960~70年代は、オートクチュール(高級オーダー服)から
プレタポルテ(高級既製服)に移行した時代。
ソニアリキエルや、近年人気の復活したKENZO、三宅一生らが生み出す新しいスタイルが
流行を席巻すると共に、コレクションだけでなくストリートからも流行が発信されました。

コスチュームジュエリーの素材も、化学分野の発展によって素材が多様化し、
これまでにはなかったデザインが生まれるようになりました。
大胆なデザインが生まれるようになった60年代以降のジュエリーは、
アンティークジュエリーとはまた違ったおもろしさやかわいさがあるのです。

こちらはそんな60年代を象徴するような、
ピンクのリーフ部分が樹脂(プラスチック)製のイヤリングです。

1900年代初頭から、新素材である樹脂が少しずつ様々な物に使用されるようになり、
プラスチックがジュエリーに取り入れられるようになったのが、1960年代頃です。

様々なデザインを可能にしたプラスチックは、デザイナーの創作意欲を刺激し、
プラスチックが生まれました。
時代を象徴するジュエリーと言えます。

ヴィンテージプラスチック製ならではの、落ち着いた、優しい2色のピンク色が愛らしいイヤリングです。
日本の方の肌の色に馴染みやすいピンクのイヤリングを選びました。

留め具の位置が左右で違います。
着けて頂くには問題ありません。ヴィンテージジュエリーの個性だと、ご了承下さい。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E560
Size 2×3.2cm
Price
9,000円(税抜)
購入数