1871 イギリス製
ダイヤモンド&パールリング

detail:イギリス製 ダイヤモンド&パールリング

1871年製
ダイヤモンド、パール、ゴールド製のイギリス製のアンティークリング。
ヴィクトリアジュエリーです。
ダイヤモンドとパールは、専門機関で宝石鑑別をし、宝石鑑別書と共に、
お渡しさせて頂きます。

「ヴィクトリア時代」
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。
ダイヤ、パール、ゴールド、そしてグラスといった様々な素材を使い、
過去のあらゆる様式を取り入れたデザインのジュエリーが作られました。

この時代に生まれたジュエリーデザイン、技法、身につけ方は
その後のジュエリーの基礎となっていることから、
現在のファッションにも取り入れやすく人気があります。
機械化がすすむまえのヴィクトリアン時代のジュエリーは、多くの工程が手作業で行われていました。

職人の高い技術で制作されたシルバーやゴールドのジュエリーは、
美しいものが多く、100年を経ても…その美しさは色褪せることがありません。手作業の工程を減らしてしまった現代のジュエリーと比べると…感動的でさえあります。

「年代、年製について」
イギリスでは、ゴールドやシルバー製ジュエリーにホールマークという、
国で定められた刻印を入れる文化があります。
全てのゴールドやシルバー製品に入っている訳ではありませんが、
(刻印のないものがクオリティの低いジュエリーでもありません)
刻印のあるものは1年単位で製造年を遡ることができます。
(イギリス、ロンドン製、1883年製など)

こちらは、美しい菱形に黒いエナメル細工のコンビネーションが美しいデザイン。
真ん中のダイヤモンドを囲み、
サイドのリング部分にも、印象的なデザインが入っています。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No R20
Size 10.5号
Price
200,000円(税抜)
購入数