1950 Louis Rousselet
グリーン&ホワイトイヤリング

detail: Louis Rousselet グリーン&ホワイトイヤリング

1950年代
ルイ•ロスレーは、1892年パリ生まれ。
幼い頃よりガラス工房へ奉公に出され、ガラス製作の技術を磨きました。

1919年には、パリに自身の工房を開き、オーナーとなる。
1920〜30年代、歌手のジョセフィン•ベーカーをはじめ、
ムーランルージュのスターたちが彼のジュエリーの虜になったことで知られている。

また、その確かな高い技術から、
シャネル、バルマン、スキャパレリから信頼され、ジュエリー製作の注文を受けていました。
作品が世界中の美術館に貯蔵されている、ガラス作家ルネ•ラリックも彼と共作していたほど、
パリのガラス制作の世界では、実力を知られた存在でした。

フランスのみならず、世界で高い評価を受けており、
当時から彼の作品は多くの国に輸出されていました。
彼の右腕となっていた娘、Deniseが1965年にチーフデザイナーとなり、
その後1975年に工房を閉めました。

ロスレーのようにパーツ制作から自身の工房で行っていたデザイナーは少なく、
その評価は近年高くなっており、
私がバイヤーになって以来、
最も入手困難になったデザイナーの一人です。


ロスレージュエリーのパーツで最も美しいとされるのが、
こちらのイヤリングで使用されている、オーガニックな形をした渦の形のガラスビーズです。
一つ一つ、彼の工房でハンドメイドで制作されていたため、2つと同じ形がありません。
ガラス作家としての才能を発揮した、彼独自の世界観を感じさせます。

そして、イヤリングの下の方には、小さな丸いビーズを組み込んでいます。
ビーズの組み方がとてもエレガントで、品があります。

彼の作品の素晴らしさは、ガラスパーツのクオリティの高さだけでなく、
パーツの組み方(デザイン)からも感じます。

彼の作品には、様々なシリーズがありますが、
こちらのイヤリングに使用されているガラスビーズが作品に組み込まれているものは、
世界的な評価がより高いもので、
私も、個人的に大好きなヴィンテージジュエリーの一つです。

彼の作品は、ジュエリーの枠を越え、後世に残すべき、
芸術作品だと思っています。

長年、ロスレーのコレクターだった方を紹介して頂き、
譲って頂いたものです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E518
Size 2.7×3cm
Price
55,000円(税抜)
購入数