1900 イギリス製
シルバーシェイクハンドブローチ

detail: イギリス製 シルバーシェイクハンドブローチ

1900年
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことが
ヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、
女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、
ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのは
こういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

ヴィクトリア時代、イギリスではシルバーが産出されたことから、
シルバー製の食器、カトラリー…ジュエリーが数多く制作されました。


こちらのシルバーブローチも、ヴィクトリア時代を代表するジュエリーの一つです。
当時、職人によって手彫りで模様が入れられていたため、
2つと同じものはありません。
高度な技術から生まれた、緻密な模様は100年を経ても、色褪せることがありません。

手は古くから、お守り、魔除けのモチーフとして人気がありました。
握り合う手は、2人を結ぶ意味が込められています。
右に男性、左に女性の手があります。

握り合う手の後ろには、三日月。
そして、たくさんのクローバー。
ストーリーを感じさせるロマンティックなアンティークブローチです。

三日月に着いた丸い飾りが、片方欠けています。
修理不可、使用に問題がないため、そのままのお渡しとなります。
ご了承下さい。価格に反映してあります。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No B443
Size 3.1cm
Price
25,000円(税抜)
購入数