1930 チェコ製
ブルーグラスプランツイヤリング

detail:チェコ製 ブルーグラスプランツイヤリング

1930年代
チェコはガラス製品が有名で、その歴史は古く5〜6世紀にはじまります。
17世紀に宝石カットの技術をガラスに適用し、
クリスタルガラスを使った多くのジュエリーが生産されるようになると、
イタリアのヴェネチアにかわってヨーロッパ最大のガラス生産地に。
19世紀になると、世界117か国に輸出するようになります。

こちらのイヤリングは、チェコジュエリーの魅力が最大限に発揮された美しいドロップイヤリング。
まるで宝石のような、美しいブルーのガラスを主役に、
繊細な葉のデザインのパーツがデザインされています。

土台は、絶妙な色合いのシックなシルバーカラーの合金を使い、
更にイヤリングの世界観を引き立てています。

チェコのジュエリーは、現代のファッションスタイルには、
少し古臭いと感じるものも多いのですが、久しぶりに絶対にご紹介させて頂きたいものに出会えました。


しばらく流行していたストリートファッションから、
クラシックスタイルにパリコレクションも戻り、
多くのハイブランドもクラシックスタイルを提案しています。

歴史もあり、美しく、今のファッションスタイルにぴったりのジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E576
Size 長さ5cm
Price
33,000円(税抜)
購入数