1940
ピンクマーカサイトイヤリング

detail: ピンクマーカサイトイヤリング

1940年代
マーカサイトは18世紀中期、ダイヤモンドの代用品として生まれました。
当時も高価だったダイヤモンドの盗難よけ用のコピーとして、多様されました。
18世紀当時は輝きもあまりなかったのですが、時代と共に研磨の技術が進化し、
より輝きの美しいマーカサイトが作られるようになりました。

ヴィクトリアン時代になると大流行し、1900年代になっても人気は衰えず、
この時代になるとジュエリーだけでなく、バッグ等にも使われるようになりました。
現在もマーカサイトは製造されていますが、
1900年代製のようなクオリティの高いものは製造できないと言われています。

こちらは、シルバー製の土台に、
美しい深いピンクのガラスを中心に、マーカサイトが囲んでデザインされています。

愛らしいお花の形ですが、小さなサイズで、
土台がシックなシルバーカラーなので、甘すぎません。
エレガントでもあります。

ピンクのジュエリーを身に着けるのは抵抗があるという方も、
ヴィンテージガラスの優しい色合い、こちらのサイズ感なら、ぜひチャレンジして頂けると思います。

重くなりやすい秋冬のファッションのスパイスにぴったりのジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E583
Size 1.2cm
Price
18,000円(税抜)
購入数