1930
アールデコグリーンピアス

detail: アールデコグリーンピアス

1930年代
こちらはアールデコ期のピアス。

アールデコとは…
1925年、パリで開催された現代装飾・工業美術国際展の通称だったアールデコ博が由来。
1920〜30年代にかけて、アールデコは大きなムーブメントとなりました。
自動車、鉄道等の交通手段の発達と共に、人々の生活スタイルも大きく変化します。
動きやすいシンプルな服が主流となり、ココシャネルに代表されるような女性の社会進出も進む。
こうした時代情勢に合わせて、ジュエリーもよりシンプルでモダンで、
コントラストの大きいデザイン、アールデコが生まれました。

アールデコ期から50年代にかけて、
洗練された、1800年代から続く手仕事の良さもしっかりと残ったジュリーたちは、
meltingpotにとって、とても重要なキーワードです。
買い付けに力を入れているだけでなく、私も個人的に集めています。

こちらのピアスは、
ヴィンテージガラス特有の美しい色を生かした、シンプルなピアス。
グリーンとホワイトのマーブルが素敵です。

アールデコ期の後の時代になると、1980年代以降まで圧倒的にイヤリングが多くなるので、
イヤリングは苦手だけど、ヴィンテージジュエリーを着けたい!という方に、
おすすめです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E580
Size 1.6cm
Price
15,000円(税抜)
購入数