1880 ヴィクトリアン
チャームブレスレット

detail: ヴィクトリアン チャームブレスレット

1880年代
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのはこういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。


こちらのブレスレットも職人のハンドメイド。
ヴィクトリアンジュエリーは限られた素材で制作されていたため、
金属の厚みを薄く制作していたジュエリーが多いのですが、
こちらのブレスレットはヴィクトリアジュエリーにしては、
素材を多く使い、厚めに制作されており、クオリティの高いものだったことが分かります。

チャーム部分の装飾は型抜きではなく、職人がパーツを一つ一つ制作し、組みわせたもので、
途方も無い手仕事の極みです。

ヴィクトリアン時代の高い職人の技術を象徴するジュエリーで、
職人たちの誇り、技術を感じ、時代を越えて感動に包まれます。
一生物のアンティークジュエリーとして、ご愛用頂けるものです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No BR120
Size 20.5cm
Price
88,000円
購入数