1950 Joseff of Hollywood
カジキブローチ

detail: Joseff of Hollywood カジキブローチ

1950年代
1905年、シカゴ生まれのEUGENE JOSEFFが立ち上げたブランド。
グラフィックアーティストとして働き、
空いた時間にジュエリーデザインを始めたことが後のJOSEFF OF HOLLYWOODの誕生となりました。

1927年にシカゴから、ロスに引っ越しし、本格的にジュエリーの勉強をスタート。
世界恐慌の中でも、映画産業が衰退することはない!というジョセフの先見性と直感から、
ハリウッド映画へのジュエリー提供で一気に知名度を上げていく。

当時の映画では、登場人物の身につけていたジュエリーと時代設定が合っていないことも多く、
ジュエリー史を研究し、
時代背景に沿ったデザインをベースに彼のオリジナリティを加えたジュエリーは
映画界で絶大な支持を集めた。

また、映画の中では強い照明がジュエリーに当たるため、反射してしまうことも多かった。
そこで、彼は照明がジュエリーに当たっても、反射せず、
美しく、スクリーン栄えするゴールドプレートを採用。

1939年ヴィヴィアン•リーが主演した「風と共に去りぬ」など、
多くの名作映画のジュエリーをジョセフが担当するようになった。

映画界で成功したジョセフは、映画ファンにその名前を知られるようになり、
ジュエリーブランドJOSEFF OF HOLLYWOODを立ち上げる。
個性的で唯一無二のデザインで大成功を収める。

ジョセフは飛行機事故により、43歳の若さで亡くなってしまったが、
彼の妻が彼の意思を受け継ぎ、ブランドを継続した。
ヴィンテージコスチュームジュエリーの世界ではトップ10に入る
人気、成功、実力のあるブランドで、世界中にファンがおり、コレクターアイテムとなっています。

こちらは、ジョセフの得意としたフィッシュモチーフ、カジキのブローチ。
愛嬌のあるカジキの表情と、渋さのあるクールなゴールドプレートのコンビネーションは、
最高に美しく、個性的です。

カジキの繊細なディテイル、カジキの後ろには縄をイメージしたと思われるモダンなデザイン。
このブランドのセンスと実力を強く感じます。

彼のデザインが今もなお人気がある理由は、
ジョセフにしか表現できなかった世界観があり、誰も越えられていないからだと思います。
私も、個人的な大好きなデザイナーの1人です。


ご購入前にこちらをご覧ください。
No B189
Size 6.2cm
Price
49,500円
購入数