1880 イギリス製
ターコイズ&パールトップ

detail: イギリス製 ターコイズ&パールトップ

1800年代後半
シルバー、ターコイズ、シードパール
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのはこういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

ヴィクトリア時代、イギリスではシルバーが産出されたことから、
シルバー製の食器、カトラリー…ジュエリーが数多く制作されました。


こちらは、ターコイズと貴重なシードパールが使われたペンダントトップ。
シードパールは2ミリに満たない小さなパールのこと。
当時、インドや中国から輸入され、貴重で高価で神秘的なパールは
ヴィクトリアン時代に人気のあった素材の一つでした。

ヴィクトリア時代のジュエリーにも、デザインによく取りれられたモチーフなどはありましたが、
ハンドメイドで一つずつ職人によって制作されていたため、
ジュエリーぞれぞれに個性があります。
フックの部分には小さな花が、その下には葉、そしてまた大きな花が吊り下げられたデザイン。
形状がとても美しく、制作した職人のセンスと確かな技術を感じさせます。

制作から100年以上を経ても、その愛らしさや美しさは全く色褪せません。
次世代にまで愛用して頂ける、素晴らしいクオリティのジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No N77
Size 3.8cm
Price
70,000円(税抜)
購入数