1900 ヴィクトリアン
スカラベピアス

detail: ヴィクトリアン スカラベピアス

1900年代
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことが
ヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、
女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、
ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのは
こういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。


こちらのピアスのモチーフはスカラベ。
スカラベとはフンコロガシのことです。
古代エジプトでは豊穣をもたらす聖なる虫とされ、
ジュエリーのモチーフとされてきました。

スカラベ部分はガラス製で、まるで本物のように再現されています。
一見、何かわかりませんが、よく見るとスカラベというシュールさを感じる、美しいジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No E434
Size 1.8cm(スカラベ部分)
Price
53,000円(税抜)
購入数