1950 Louis Rousselet
ホワイトゴールドブローチ

detail: Louis Rousselet (ルイ•ロスレー)ホワイトゴールドブローチ

1950年代製。
ルイ•ロスレーは、1892年パリ生まれ。
幼い頃よりガラス工房へ奉公に出され、ガラス製作の技術を磨いた。

1919年には、パリに自身の工房を開き、オーナーとなる。
1920〜30年代、歌手のジョセフィン•ベーカーをはじめ、
ムーランルージュのスターたちが彼のジュエリーの虜になったことで知られている。

また、その確かな高い技術から、シャネル、バルマン、スキャパレリからジュエリー製作の注文を受けていた。
作品が世界中の美術館に貯蔵されている、ガラス作家ルネ•ラリックも彼と共作していた。

フランスのみならず、世界で高い評価を受けており、当時から彼の作品は多くの国に輸出されていました。
彼の右腕となっていた娘、Deniseが1965年にチーフデザイナーとなり、その後1975年に工房を閉めました。

評価され、クオリティが高く人気のあるデザイナージュエリーには、
そのデザイナーにしか表現できない確固たる世界観があるのです。
ジュエリー文献にも掲載されているロスレーの作品は、買い付け時にもあまり出会うことがなく、
出会う度に感動に包まれます。
一度に数百、何千ものジュエリーを見るのですが、不思議と彼の作品は目に留まるのです。
彼の作品は、アート作品と私は捉えています。


こちらのブローチは、親交のあるジュエリーディーラーから譲って頂いたもの。
ロスレーの作品を代表するデザインのひとつで、
左側にあるゴールドの4本のモチーフがロスレーのガラスの世界をより引き立てています。

小さな透明のお花の形をしたガラスパーツも、彼の作品の特徴の一つです。
お花は可愛らしいですが、ゴールドのピーズがシックな世界観になっています。
彼の作品特有の女性らしさ、エレガントさ、そして繊細さ…
見る者を惹き付けます。

パーツの一つ一つがハンドメイドとは思えない複雑で美しい形状をしています。
ガラス作家として高い技術をもつロスレーらしい作品です。

中心辺りのゴールドのビーズにダメージがあります。
これ以上ダメージが進まないように、修復済みです。
価格に反映してありますので、ご了承の上、ご購入をお願い致します。
(3枚目の写真)

ご購入前にこちらをご覧ください。
No B409
Size 3.3×7.5cm
Price
65,000円(税抜)
購入数