1950 WEISS
ブラックピーブローチ

detail: WEISS ブラックピーブローチ

1950年代
ウェイスは、1942年にニューヨークでアルバート•ウェイスによって創業されたブランド。
1930年代、彼がcoroに在籍していた時に磨いたジュエリー製作技術をベースとしている。

オーストリアのハイクラスのラインストーンのみを使用するというこだわりで、品質の高さは有名。

アールデコ期のデザインをベースとして、モダンで美しいジュエリーを製作し続けた。
1960年代後半にウェイスの息子によって、ブランドは引き継がれたが、
1971年にブランドは破綻してしまう。

こちらは、WEISSの有名なデザインのジュエリーであるエンドウ豆のブローチ。
エンドウ豆のブローチは色違いで何種類か発売されたのですが、
こちらの黒ヴァージョンは、その中でも一番数が少なく、レア度が高いです。
私も初めて実物を目にすることができました。
エンドウ豆の質感まで表現した形と、
外側の皮の黒に真っ白の豆のコントラストがかっこいいです。
かわいらしいデザインなのに、かっこいいジュエリーに仕上げたWEISSの実力を感じます。
WEISSの代名詞である、高品質の緑のラインストーンもポイントになっています。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No B508
Size 7.3cm
Price
58,000円(税抜)
購入数