1930
ベークライトトライアングルネックレス

detail: ベークライトトライアングルネックレス

1930年代
ベークライトとは、、、
1907年にアメリカの化学者レオ・ヘンドリック・ベークランドが発明した合成樹脂のこと。
天然素材を原料とするそれまでのプラスチックから大幅に進歩した、世界初の合成樹脂。

1920年代にはスイッチやラジオの外箱、車の部品として、
1930年代からはアクセサリーが制作されるようになりました。

ベークライトのジュエリーは味のある、その独特の質感、色で、
また、ヴィンテージジュエリーの歴史を語る上で、
必ずジュエリー本には掲載されているシリーズとして有名です。

ベークライトの持つ雰囲気と、当時のデザインがマッチし、
ベークライト専門のコレクターがいるほど人気があります。

こちらは、三角の部分がベークライトのネックレス。
色は黒とグリーンです。
アール・デコを象徴する対称的で、シンプルでモダンなデザイン。
一見、現代のジュエリーのように洗練されています。

1930年代のアール・デコジュエリーの魅力は、
モダンなデザインもですが、1800年代から続く手仕事のいいところが引き継がれている点です。
こちらのネックレスだと、手の込んだ作りの美しいチェーン。
ジュエリーバイヤーとしては、こういった細部に職人やデザイナーの拘りを感じます。
ベークライトのトップとのバランスも、完璧です。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No N325
Size 43cm
Price
18,000円(税込19,800円)
購入数