1930
ベークライトラウンドネックレス

detail: ベークライトラウンドネックレス

1930年代
ベークライトとは、、、
1907年にアメリカの化学者レオ・ヘンドリック・ベークランドが発明した合成樹脂のこと。
天然素材を原料とするそれまでのプラスチックから大幅に進歩した、世界初の合成樹脂。

1920年代にはスイッチやラジオの外箱、車の部品として、
1930年代からはアクセサリーが制作されるようになりました。

ベークライトのジュエリーは味のある、その独特の質感、色で、
また、ヴィンテージジュエリーの歴史を語る上で、
必ずジュエリー本には掲載されているシリーズとして有名です。

ベークライトの持つ雰囲気と、当時のデザインがマッチし、
ベークライト専門のコレクターがいるほど人気があります。

こちらは、半円部分がベークライトのネックレス。
色はネイビーです。
アール・デコを象徴する対称的で、シンプルでモダンなデザイン。
一見、現代のジュエリーのように洗練されています。

トップ部分の半円と円を生かすように、スクエア状のチェーンがデザインされており、
よりシャープな印象を受けます。
トップ部分とのバランスを考え、デザイン毎に違ったチェーンが付けられているのですが、
1930年代のものは、チェーンまで素敵なネックレスが多いのです。
こちらのネックレスも、同様です。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No N324
Size 44.5cm