1880
シルバー製リーフピアス

detail:シルバー製リーフピアス

1880年
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことが
ヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、
女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、
ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのは
こういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

ヴィクトリア時代、イギリスではシルバーが産出されたことから、
シルバー製の食器、カトラリー…ジュエリーが数多く制作されました。

こちらは、葉脈まで繊細にデザインされたピアス。
まるで本物の葉のような、美しい造形です。
その質感は、身につけて頂いた状態でも感じるほどです。
ヴィンクトリアシルバージュエリーの良いところが、とてもよく表現された作品です。

シルバー製なので、現代のシルバージュエリーと同じく硫化し、
黒くなりますが、シルバークロスで磨いて頂けば元の状態に戻ります。

ご購入前にこちらをご覧ください。

No E593
Size 長さ4.7cm(留め具含む)
Price
38,000円(税抜)
購入数