1880 ヴィクトリアン
アイアンロングネックレス

detail: ヴィクトリアン アイアンロングネックレス

1880年代
鉄製
1837年、イギリスでヴィクトリアが女王に即位したことがヴィクトリア時代(1837〜1901年)の始まり。
イギリスが過去にないほど繁栄し、女王ヴィクトリアのファッションは様々な流行を生み出しました。

ヴィクトリアン時代に裕福な中産階級が増えたことにより、ジュエリーの需要は一気に高まります。
今もなお、ヴィクトリアン時代のジュエリーを目にすることができるのはこういった理由があるからです。

そして、この時代にはゴールドやダイヤを使ったジュエリーばかりでなく、
素材はゴールドのように高価ではない真鍮、シルバー等を使い、
職人の高度な技術で作られたジュエリーがあります。

こちらは鉄製のロングチェーン ネックレス。
カットスティールのシリーズのジュエリーのように、この時代は鉄もジュエリーの素材でした。

ロングチェーンネックレスは、同時代にシルバーやゴールドでも制作されていましたが、
鉄製のものは黒いネックレスなので、よりシックな印象で、
デザインはシルバー製のネックレスに比べ、モダンなものが多いです。

こちらも、シンプルなチェーンの間にスパイスとなっているパーツは、
モダンなデザインとなっています。(写真3枚目)

146センチのロングタイプなので、1連2連とファッションに合わせて頂けます。
シンプルで美しく、季節を問わず、お使い頂けるスタンダードなジュエリーです。

ご購入前にこちらをご覧ください。
No N197
Size 146cm
Price
65,000円(税込71,500円)
購入数